最新情報最新情報

2021.02/06

みかんにまみれる八幡浜生活🍊その①

2020年の冬。それは、私にとって八幡浜で迎える初めての冬でした。

2020年の4月に八幡浜市に引っ越してきてきた私ですが、このまちで”みかん”の存在を初めて感じ始めたのは、10月末頃。日々何気なく周りの山を見渡していると、だんだんと山がみかん色に染まっていることに気づきました。

「え!こんなにみかんの色って発色するん?!」「えええ!なんか一面がクリスマスツリーみたいやん!!」と、これまでの人生で見たことのなかった、圧倒的なみかんの段々畑の景色に何回も感動し、毎回二度見どころか五度見くらいし、何度も山を見ては立ち止まり、眺めていました。(笑)

1年で一番みかん山がみかん色に染まる日?!という噂を聞いて写真を撮りに行った向灘のみかん山(2020.10.27)

「1年で一番みかん山がみかん色に染まる日」という噂を聞いて見に行った向灘のみかん山(2020.10.27)

11月頃。みかんをせっせこ運ぶ軽トラを道路でよく見かけるようになったり、夜には、倉庫に灯されたオレンジのライトの下でみかんの選果に励む農家さんの姿を見かけたり。本格的な冬が近づくにつれて、何だかまち全体がざわざわしてくるのを感じました。

そんな雰囲気を見て、「そうか、ここ八幡浜は、本当にみかんの大産地なんだ!」と、(頭では分かっていたつもりだったことを)やっと身体で実感することができました。

そんなこんなで、八幡浜の「みかんのまちっぷり」を知ってしまった私はふと思いました。「せっかく八幡浜に住んでいるんだから、みかんをいっぱい食べたいのはもちろん、食べるだけじゃなくて、“学ぶ”とか“体験する”とか、いろんな角度からみかんに触れたい!みかんにまみれた~い!!!」と。

そこで私は、コダテルのオンラインコミュニティの中で『みかんにまみれる2020年の冬を過ごしたい!!!🍊』という(まあまあ)抽象的な企てをとりあえず口に出してみたのでした。

企て登録をしたとき(2020.11.11)

企て登録後、実際に私はどんな冬をみかんと共に過ごすことができたのか、そして冬が終わり春を迎えようとしている今、新たにどんなことを企てているのか、せっかくの八幡浜生活のみかん物語を、今後は一つずつこの「くわだてノート」に書き残していきたいと思います。なのでタイトルは「その①」とつけてみました。

次回の記事「その②」はこちらから。


記事を書いたメンバー:菅 花穗

kan-kaho

大学生の頃からの私のモットーである「グローカル(グローバル×ローカル)な生き方」を目指して日々奮闘中です。社会人になり八幡浜に引っ越してきて、色んなことがゼロスタートになった今、どんなわくわくする活動ができるか考え中です。「何を企てるかを企てている」という表現がぴったりなくらい、非常にふわふわした状態ですが、「The sky is the limit!(可能性は無限大!)」とポジティブに捉えています。 (仕事の関係で)八幡浜を去る2023年3月末までに、八幡浜に帰ってくる“理由”をつくることが今の私の目標です。まずは、まだまだ知らないここ八幡浜・南予の魅力や課題を発見すべく、南予を巡り巡りたいです。自然や農に触れたい!柑橘ソムリエになりたい!そしてそれらを発信したい!やりたいことはいっぱいです。また、2020年夏から八幡浜の国際交流協会にも入る予定なのでそこでも“わくわく”を追求します!

top
HamanatranHamanatran

コダテルについて

ABOUT CODATERU

お問い合わせ

CONTACT

「こんなこと企てたいんです!」
「あんなことできますか?」… などなど、
みんなで企てる、ヒミツキチのこと、
なんでもお答えします。

コダテルコダテル

〒 796-0001 愛媛県八幡浜市向灘2187
TEL・FAX 0894-21-2629 
OPEN 10:00 - 23:00 CLOSE 不定休


  • コダテル facebook
  • コダテル twitter
  • コダテル instagram
  • コダテル line
ページの一番上へ