最新情報最新情報

2021.03/30

【レポート】コダテルでワーケーション・ツアーを開催!

「いま考えているやりたい企画を実現したい」

「やりたい企画を実現する仲間が欲しい」

「いま住んでいる場所とは別に、活動できる拠点が欲しい」

このような思いを実現するコミュニティが、愛媛県八幡浜市にある会員制スペース「コダテル」です。

コダテルでは、さまざまな制度・設備を活用して、会員さんが自分のやりたい企画(コダテルでは”企て”と呼びます)を実現してきました。

2021年3月26日~27日に、コダテルでは実現したい”企て”のある方々へ向けたワーケーション・ツアーを開催。

今回は、スペース利用や八幡浜のまちを訪れる1泊2日のツアー詳細をレポートしました。

やりたい企画を実現したい方は、ぜひご一読を。

ツアー1日目:スペースの体験利用~会員・メンターとの交流会

1日目の昼に、ワーケーション・ツアーの参加者がコダテルへ到着。

この日は、前日入りしていた参加者が、県内に住む会員さんへ向けて特製のお弁当をつくってくれました。

お弁当の中身は、八幡浜で栽培された柑橘や地域の鮮魚をつかったお寿司など。

豪華なお弁当におどろき。

地元にある素材が、外から来た人の視点で生まれ変わった光景ーー

地域内外の交流で、あたらしいアイデアをつくりだすコダテルの醍醐味を目撃しました。

気持ちよく晴れて、きらめく海を眺めながらのお弁当は格別。

13:00を過ぎるころ、運営者・スタッフによるプログラムの説明がスタート。

運営者が、コダテルのある八幡浜市について説明。

挨拶が終わり、それぞれの参加者による自己紹介タイムへーー

今回は、フリーランスで動画編集者をしている会員さんの知人が数多く参加。

・ライター

・動画編集者

・出張料理人

などなど、多くが、フリーランスとしてはたらく若い世代の方たちでした。

また、外国人観光客向けにビジネスをしている方も、夫婦でご参加。

現在の住まいは、東京都・千葉県・愛知県・三重県……と、多様な場所。

各地から来られた参加者のみなさんが、いま企てていることを紹介。

住んでいる地域の子どもたちに料理教室を開きたいーー

出身地の離島を盛り上げたいーー

半分農業・半分フリーランスではたらきたいーー

地域とフリーランスのパイプ役になりたいーー

田舎で保育士をしながら、夜にBARを運営したいーー

全体的に、田舎に住みながらの企てが多い印象でした。

これまで、田舎での企てをサポートしてきたコダテルに、うってつけな参加者のみなさん。

昼食後の自由時間では、地域産の食品を楽しんでいただくなど、八幡浜をエンジョイ。

多品種が栽培される八幡浜の柑橘ジュースを飲みくらべる会も開催。

温州・甘平・はるか・せとか・紅まどんな……

ひとつひとつの品種で、まったく違う甘さ・酸味・口当たりを楽しんでいただきました。

自由時間で、スタッフや会員さんと情報交換をする参加者の姿も。


愛媛のみかん農家の後継者不足についてーー

八幡浜に外国人観光客は来るのか?ーー

今後、ご自身が住む地域での活動にまつわる情報を精力的に吸収していました。

昼下がりになると、コダテルでは参加者が自分の持つWeb仕事に着手。

文章の執筆、動画編集など、各々が集中してパソコンに向き合います。

日が沈み、夕食を終えたあとにはコダテル会員さんや、企てをサポートするメンターとの交流会が開催。

イベントのテーマは「ワーケーション参加者と会員さんが自分の企てを共有する」こと。


はじめに、コダテルのメンターと会員さんによる自己紹介。

コダテルのメンターの玉岡 靖浩(たまおか やすひろ)さん。

カメラマン・動画編集者として、コダテル会員さんの活動発信をサポートしてきました。

ご自身の企ては「子どもが通う保育園で、ほかの親御さんと仲良くなること」

もうすぐ5人目が生まれる玉岡さんにとって、子育てはとても大切なご活動。

コダテル会員の矢野 奈美(やの なみ)さん。


昨年まで県立高校の英語教師をされていました。

現在は「あたらしいことに挑戦したい!」という思いから、数年の挑戦期間を設定。

・おにぎりをつかったフードロス活動

・SDGs研究

・デイキャンプ

・鵜飼い

など、この1年で数え切れないほどの活動をしてきました。

ご自身の企ては、

・お遍路さん

・デンマークへ留学

・遊覧船の船頭

など、さらに増えています。

 

コダテル会員の森田 智也(もりた ともや)さん。

八幡浜で介護福祉士として勤務。

日常的にファッションが大好きな森田さんは、地域では見かけない洗練された出で立ちで参加。

そんな森田さんの企ては「YouTubeでファッションチャンネルをつくること」

すでに動画を撮影しはじめており、今後の活動が楽しみです。

自己紹介のあとは、会員さんとメンターとの交流タイム。

ランダムに選ばれた席で、地域内外の人がコミュニケーションします。

会員さんの活動やメンターの話を聞くことで、参加者の企てを後押し。

出身地や職業、いま企てていることをお互いに伝えました。

地方農家の発展を、動画編集などWebスキルでサポートしたいという参加者。

「お金を稼ぐことが上手な農家さんは、自立していける。だけど、そうでない農家さんは、いいものをつくってもどんどん先細ってしまう……。ぼくがPRして支えたい。」

そんな思いに対して、仕事で農業に関わっているコダテルのメンターがアドバイス。

地域農業の現状ーー

ご自身が思う改善案ーー

会員さん・メンターのお話を真剣に聞く参加者のみなさん。

未来を楽しくするための話が飛び交う、明るい交流会になりました。

交流会のあと、1日目の日程は終了。

みなさん、お疲れさまでした!

ツアー2日目:伊方町観光ツアー~解散

2日目のメインイベントは、八幡浜市のとなりにある伊方町の観光ツアー。

正式なプログラムが終わったこの日は、自主的に集まったメンバーで絶景やグルメを堪能しました。

まちにある「まりーな亭」に立ち寄り……。

地魚料理に舌鼓を打ちーー

地元みかんのおいしさに顔が明るくーー

伊方町の高台にあるロッジ「瀬戸アグリトピア」で晴れの宇和海を望みーー

弾丸ツアーは終了!

コダテルに戻ってからは、1泊2日のワーケーションを振り返り。

自分の企てを実現できたかーー

ワーケーションでなにを感じたかーー

参加者に、それぞれ感想を述べてもらいました。

最後は、八幡浜港のフェリー乗り場までお見送り。

「また来たい場所ができた!」という言葉は、コダテルのメンバーにとってうれしいかぎりでした。

いつでも、遊びに来てくださいね!

まとめ

愛媛八幡浜市の会員制スペース「コダテル」で開催された、ワーケーション・ツアーの様子をご紹介しました。

コダテルのコミュニティへは、県外からのご参加も大歓迎。

「いま考えているやりたい企画を実現したい」

「やりたい企画を実現する仲間が欲しい」

「いま住んでいる場所とは別に、活動できる拠点が欲しい」

そんな思いを持つ方が、コダテルに参加できる新プランもご用意。

コダテルへの来訪、入会を心よりお待ちしています。



sakuraba-wataru

①ローカルライター インタビュー記事・ECサイト・地域団体さんの活動報告書などを執筆してきました。 現在のクライアントさんは、主に南予地方の方々です。 ②ジャパニーズカクテルづくり 日本の伝統(日本酒や桜、緑茶など)がベースのカクテルを提供。 先人の遺した文化を、幅広い年代に慣れ親しんでもらう活動をしています。 ストーリーを書くライターになる/写真部の結成/企てBARの定期開催/押し地域の活性化(宇佐・国東半島)/全国の地域づくり活動を取材したWebマガジンの運営/伝統文化のPR業を仕事にする/工芸品収集/自家用クルーザーを持つ

top
HamanatranHamanatran

コダテルについて

ABOUT CODATERU

お問い合わせ

CONTACT

「こんなこと企てたいんです!」
「あんなことできますか?」… などなど、
みんなで企てる、ヒミツキチのこと、
なんでもお答えします。

コダテルコダテル

〒 796-0001 愛媛県八幡浜市向灘2187
TEL・FAX 0894-21-2629 
OPEN 10:00 - 23:00 CLOSE 不定休


  • コダテル facebook
  • コダテル twitter
  • コダテル instagram
  • コダテル line
ページの一番上へ