最新情報最新情報

2021.05/31

【コダテルワーケーション】プロブロガー「サッシ」さん 、Cocktail Earth 「ふくみ」さん インタビュー#4

ワーケーションツアー インタビュー プロブロガー 中村サッシ ペン Cocktail Earth かなざわふくみこんにちは!コダテル会員のはるぼーです!
今回はワーケーションインタビュー企画の最終回ということで、以下のお二人の取材です!

・旅好きプロブロガー「中村 サッシ」さん

・手作り果実酒を手がけ”Cocktail Earth “の名称で活動している「かなざわ ふくみ」さん

お二人はパートナー同士ということもあり、ワーケーションだけではなく移住先も探しているとのことでした!
そんなお二人から、「今回のツアーで何を感じたのか?」「2人だからこそ考える、移住先で大切なこと」を伺っています!

パートナーと一緒に、地方への移住を検討したい…という方はヒントが得られるかもしれません!
ぜひ、ご覧になってください!
(コダテルのワーケーションツアーの概要についてはこちら!)

▼他の方のワーケーションインタビュー記事
・#1 お魚フリーランス PENさん

・#2 寿司屋の娘 はるさん

・#3 焚き火マン ノブさん

・サッシさん、ふくみさんはどんな人?

◆中村 サッシさん

ライフコーチ、プロブロガーとして活動。個人ブログの閲覧数は月間で100万PV。
普段は東京に住んでいる一方で、月の半分は全国のゲストハウスやコワーキングを巡るほど旅が大好き。
とても穏やかなお人柄で、まるで仏のよう。(Twitterはこちら!)

▼サッシさんが運営するブログ
・サッシさんの思い出の情報と、スマホアプリやWebサービスのお得・お役立ち情報がわかるブログ「毎日が生まれたて
・自分自身と向き合う情報を伝えるブログ「じぶんコーチ

◆かなざわ ふくみさん

“Cocktail Earth “の名称で手作りの果実酒を販売している。
生産者さんの想いが込もった果物をお洒落で美味しいお酒に変身させ、各地のイベントやキッチンカーとコラボし人を笑顔にする。
明るく気立の良いお姉さん。(Twitterはこちら!)

・コダテルに期待していたこと

はるぼー:お二人とも、ワーケーションツアーに参加されて、今日がツアーも終わって帰られる最終日ということですね!

サッシ:思い出が走馬灯です!

ふくみ:楽しかった!

はるぼー:お二人は、前泊もしていただいて、今回のツアー参加者の中では一番長く滞在されていましたね!

サッシ:そうですね!後泊もしました。滞在の中でちゃんぽんも、3回食べましたよ!

ふくみ:美味しかったね!八幡浜のちゃんぽん。

はるぼー:「八幡浜ちゃんぽん」は街が推しているので、美味しく食べていただいて何よりです!

ふくみ:他には、鯛もミカンも毎日食べて堪能しました!

 はるぼー:ではまず最初に、今回のワーケーションツアーに参加する際に、期待していたことがあれば教えてください!

サッシ:僕が一番楽しみにしていたのは、「地元の人との交流」です。

ふくみ:私は「自然の景観」と、「人との繋がり」です。現地の方、そこに住んでる方との関わりが、たくさんできたらいいなって思って来ました!

 

・ツアーに参加してみての感想


はるぼー
:ありがとうございます!「人との繋がり」や「自然の景観」を期待していたのですね!
実際に八幡浜の地域を歩いたり、コダテルの会員さんとの交流会や、伊方町のツアーなど…様々なことを体験して、どんな印象を受けましたか?

サッシ:一言で言えば、満足です!どうしても、このご時世コロナウイルスの影響で、交流会の時間は、マスクもあるし、衝立(ついたて)もあるしで、声が聞こえなくて。
あまり交流できなかったんです。

でも、それ以外の時間で、プライベートでいろいろお話しする機会がありました!ツアーの前後でも、ちょっと飲みながらとか、お茶しながらとか。
僕はいろんな会員さんの方や関係者の方々、地元の人とたくさん話せたから、大満足です。

ふくみ:私も、予想以上に良かったです!大満足です!
景観も気候も、すごく穏やかで温かくて…八幡浜は居心地が良かったです。山も海も堪能できて、すごくいい一週間でした。

はるぼー:そうですね…!海もあって、山もあるのが、八幡浜の土地の良いところだと思います!
気候が穏やかだからこそミカンも育つので!そういったところも、短い滞在の中で感じていただけたようで、とても嬉しく思います。

・印象に残った人について


この写真手前の男性が、後述の吉見さん

はるぼー:あとは、人との交流もしていただいて。
コダテル、八幡浜の滞在の中で印象に残った会員さんや、印象に残った人はいましたか?

ふくみみんな、印象に残ってます交流会では関わったその人のことを知れたり、「どんなことに興味あるのか?」をお話ししてみて、それで盛り上がったりとか…お話しする時間がとてもありました。

会員さん一人一人の”くわだて”がすごく素敵で、それでいて自分以外の人のやりたいこと、実現したいことにもフィードバックだったり何かしらで力を貸してくれる。
すごいって思いました。

サッシ:皆さん、素敵だったけど、僕は特に印象に残ってるのは、飲むみかんゼリーみかんのジャグチを手がけた、吉見さんです。

僕らからすれば年配の方だけれど、そういった世代の方が“くわだて”いうフィルターを通して、若い人やWeb関連の人と関わって…さらに自分のやりたいことを実現させてきた。
その過程や物語を直接、お話しすることができたから、すごく参考になった!

はるぼー:吉見さんはとてもパワフルで、僕らみたいな若い世代も刺激をもらいます!
逆に吉見さんも、コダテルに入ることで若い人たちから刺激をもらい、自分も頑張れるようになったと言ってました!

ふくみ:相乗効果!吉見さんも「もっとこうしたら良くなる!」と“くわだて”がまだまだあるという感じですごかった…!

・ツアーで生まれた心境の変化


はるぼー
:吉見さんをはじめ、いろんな会員さんの“くわだて”の熱量に実際に触れて、お二人にも刺激になっていただけて嬉しいです!
今回のツアーを経て「ここがもっとも見えてきた!」「これをしてみたくなった!」などの心境の変化はありましたか?

サッシ:僕は、心境の変化は特にないんですけど、前からやりたかったこと。
実際、今やっていることをコダテルさんでも、やってみたいっていうのはあります!

はるぼー:サッシさんは”プロブロガー”で、訪れたその地域ならではのものを紹介していますよね!
今回はツアー中にYouTubeで実際に撮影して、ミカンジュースの飲み比べをされてるのが、印象に残っています!
地域ならではの特産品や魅力を発信したいということでしょうか?

サッシ:まさにそうです!各地域の人たちと一緒に、自分の写真を撮るイベント。
で、それらをまとめるサイトを少しずつ進めていて…それを、コダテル版でもやりたいって思ってます。

ふくみ:私は変化と大きくは言えないかもしれないんですけど…もともと「田舎に移住したい」「移住した先でこういうことがやりたい」
そういう想いがフワッと頭の中であったんです。

それがもっと深まって、「こういう風に生きていきたいな」という輪郭がうまく見えてきたのが、自分の中で鍵です。
八幡浜やコダテルに来て、自分がやってみたいこと、人と一緒に進めたいこと、そういうものが増えたなって。

コダテル代表の濵田さんが「1個のくわだてをもっと深くするのも良しだし、新しいくわだての種を他の人と一緒に探すも良し」という話をしてくれて。
そうすれば、両方できるなと思って、すごくワクワクしてます。

はるぼー:コダテルのコンセプトが”くわだてる”ということで、「皆で一緒に何かをくわだてよう!」という秘密基地感をすごい出しています!
そういったワクワク感も伝わったようで、何よりです!
 

・移住で大切にすること

はるぼー:あとは移住について。お二人が移住を考えるとしたら、移住に必要なもの、大切なものは何でしょうか?

サッシ:僕はいくつかやってる仕事全部がオンライン。パソコンがあればどこでもできる仕事なので、ふくみさんがやる仕事に、僕は合わせたいって思って話してる。

ふくみ:何があったらいいか。難しいな。

サッシ:取りあえず、景観が気に入るかは大事じゃない?

ふくみ:そうだね。景観が気に入るかと、畑も一緒にやりたいです!
あとは、こちらの努力次第ではあると思うんですけど、温かく受け入れてくれる人たち。それが何よりなのかなって、思います。

自分のニーズが合うか、合わないかとか…「つなげてくれる人がいることが、ありがたい」と今回思いました。
紹介、仲介してくれたり、信頼してくれる人を会わせてくれる、可能性を広げてくれる人。

後々は、「自分たちの力で」が何よりなんですけど、移住して初めの一歩目
バトンを渡してくれる人というか、そんな鍵になる人がいたらすごく住みやすいし、心強いっていうのは思います!

はるぼー:そうですね…!僕も最初に八幡浜に来たとき、濵田さんや元々こちらに移住していた友人がいたからこそ、孤独を感じずに根を張ることができたと思います!
やはり、来たばかりだと、地域のことも分からないし、誰がいるかも分からないから。

知り合いがいると、「あいつの紹介で来た何々さんだね!」とそこから広がるので、鍵となる人がいることはすごい大事だと思います! 

・コダテルが気になる人へ一言

はるぼー:最後に今回のワーケーションツアーを経て、八幡浜やコダテルが気になるという方に一言、メッセージを送っていただけたらと思います!

サッシ「これを実現したい!」という強い思いが既にある人は、コダテルに来ればそれを具体化するヒントが見つかるはず!
逆に、自分のやりたいことが漠然としてる、何も浮かばないって人は、0が0.1になるような…そんなきっかけがきっと、あると思います。

ふくみ:人と気候がすごく温かいのと、コダテルの人や八幡浜の人も、こちらのことを私事にしてくれる
私がこういうのを困ってるかもって言ったら、一緒に親身になって考えてくれる。

だから私も、誰かが困ってる時に私事になって、自然と考えられる。そういう時間や感覚が心地良かったので、オススメです!
とにかく1回、”くわだて”に来てほしい!

「くわだてをくわだてることも、くわだて」だと思うので!

サッシ:そうだね!そして、目の前の海がきれいで、磯臭さゼロです!

ふくみ:波の音もいい。

サッシ:それも大事!ミカンも破格で全部美味しいです!

・はるぼーの所感

今回はお二人の取材ということで、一人を取材している時とはまた違ったお話を聞くことができました!
特に、移住について大切なこと鍵となる人の存在は本当にその通りだなぁ…と感じました。

各地を巡って、さまざまの人たちと関わってきたお二人だからこそ、出た言葉なのだと思います。

そんなお二人も、コダテルの会員さんとの交流を通して”くわだて”の魅力を発見した様子。
自分だけで解決するのではなく、他の人を頼り、時には自分も他の人の”くわだて”に力を貸す。
その相乗効果でさらに面白い化学反応が起きていくんです。

お二人の今後の”くわだて”がどのように変化していくか楽しみです!
これも何かのご縁なので、ぜひ今後とも一緒に”くわだて”ていきましょう!

◆サッシさんのワーケーションツアーの感想記事はこちら!

◆ふくみさんのワーケーションツアーの感想記事はこちら!

▼他の方のワーケーションインタビュー記事
・#1 お魚フリーランス PENさん

・#2 寿司屋の娘 はるさん

・#3 焚き火マン ノブさん


記事を書いたメンバー:酒井 春樹

sakai-haruki

現在のお仕事は、 ・動画編集 ・漫画動画制作 ・動画編集のデイレクション などを行っています。 また、2020年11月〜12月はコダテルの所在地である八幡浜のみかん農園さんのお手伝いを毎日、午前中だけ行っています! 2020年11月に来たばかりで、実はまだ八幡浜のことも良く分かっていません。 何かを企てるにしても、まずはその地域やコダテルの他の会員さんのことを知るのが第一優先かなと思っています。 そんな意味では、まずは自分が関わる「人の輪を広げる」ことが企てたいことかもしれませんね。

top
HamanatranHamanatran

コダテルについて

ABOUT CODATERU

お問い合わせ

CONTACT

「こんなこと企てたいんです!」
「あんなことできますか?」… などなど、
みんなで企てる、ヒミツキチのこと、
なんでもお答えします。

コダテルコダテル

〒 796-0001 愛媛県八幡浜市向灘2187
TEL・FAX 0894-21-2629 
OPEN 10:00 - 23:00 CLOSE 不定休


  • コダテル facebook
  • コダテル twitter
  • コダテル instagram
  • コダテル line
ページの一番上へ